セント・アンドリュース大聖堂(カテドラル)

0513ring

カメハメハ4世を偲んで建築された総石造りの教会「セント・アンドリュース大聖堂(カテドラル)」。

中世ヨーロッパの古城のような荘厳さで重厚な雰囲気は本か右派のハワイウェディングスポットとして人気です。

窓は細部にいたるまで全てがステンドグラス。

特にオアフ島屈指の美しさを誇る教会入り口の天井まで届くステンドグラスは一目惚れする新婦も数多くいます。

長いバージンロードに神秘的な音色をたたえるパイプオルガン。

その空間で執り行われる挙式は、まるでロイヤルウェディングのような気品が漂います。

セント・アンドリュース大聖堂(カテドラル)口コミ

Tさん 女性 33

海外留学をしたこともあり、日本式の独特な結婚披露宴は自分の中で「無い」と思っていました。

主人は特に気にした様子はありませんでしたが、主人の両親が海外が初めてということで、言葉のストレスをさほど感じないであろうハワイを選びました。

この教会を選んだのは、やはりステンドグラスとヨーロッパ調の大聖堂が気に入ったため。

当日はなかなか余裕がなくて、ステンドグラスをじっくり見られなかったのですが、写真やDVDで後から見て、本当にこの教会にして良かったと思いました。

中庭で撮影した写真も大聖堂の白と芝生のグリーンのコントラストがとてもキレイでお気に入りです。