カワイアハオ教会

1842年にニューイングランドの宣教師が建てた、オアフ島最古の教会です。

外壁には約14000個のサンゴ石が美しい風格を添えています。

ハワイの重要文化財に指定されており、パイプオルガンの重厚な音色も相まって、神聖な空間の中で挙式を執り行う事が出来ます。

カワイアハオ教会口コミ

Kさん 女性 28

ハワイの歴史が好きで、ハワイ王朝ともゆかりのあるハワイ最古の教会と聞いて、留学している時からこちらでハワイウェディングを行うのが夢でした。

一応ということで他の教会も主人と見て回り、目移りしそうなほどハワイの教会は素敵だったのですが、やはりこちらで行ってよかったと思います。

佇まいにインパクトがあり、教会に入るまでの階段や庭などもどこを切っても絵になるので写真を撮ってもらっていても楽しかったです。

100年の歴史がある厳かな教会ではありますが、牧師さんもスタッフも明るく気さくな方々で、楽しい気分で挙式が出来て幸せでした。

Sさん 男性 37

友人が国内で挙式した会場が無くなった、と聞いて自分がもし挙式をするなら、ずっと残っている会場がいいと思っていました。

ハワイについて2日目に行えるというタイミングのよさ、リーズナブルだということの他に、ハワイ最古の教会であるという点が一番ひかれました。

ハワイ王朝の歴史と共に歩んできた教会であれば、おいそれとつぶされるということはないだろうと思ったからです。

妻とふたりだけの挙式でしたが、歴史を感じさせる教会での式はとても感動しました。

また機会があれば訪れたい場所です。

セント・アンドリュース大聖堂(カテドラル)

0513ring

カメハメハ4世を偲んで建築された総石造りの教会「セント・アンドリュース大聖堂(カテドラル)」。

中世ヨーロッパの古城のような荘厳さで重厚な雰囲気は本か右派のハワイウェディングスポットとして人気です。

窓は細部にいたるまで全てがステンドグラス。

特にオアフ島屈指の美しさを誇る教会入り口の天井まで届くステンドグラスは一目惚れする新婦も数多くいます。

長いバージンロードに神秘的な音色をたたえるパイプオルガン。

その空間で執り行われる挙式は、まるでロイヤルウェディングのような気品が漂います。

セント・アンドリュース大聖堂(カテドラル)口コミ

Tさん 女性 33

海外留学をしたこともあり、日本式の独特な結婚披露宴は自分の中で「無い」と思っていました。

主人は特に気にした様子はありませんでしたが、主人の両親が海外が初めてということで、言葉のストレスをさほど感じないであろうハワイを選びました。

この教会を選んだのは、やはりステンドグラスとヨーロッパ調の大聖堂が気に入ったため。

当日はなかなか余裕がなくて、ステンドグラスをじっくり見られなかったのですが、写真やDVDで後から見て、本当にこの教会にして良かったと思いました。

中庭で撮影した写真も大聖堂の白と芝生のグリーンのコントラストがとてもキレイでお気に入りです。